[特集] MINIMAL

2019年2月10日


ドラマやドキュメンタリーのBGMとして定番のミニマル楽曲。
海外のレーベルも多くのミニマル楽曲をリリースしており、弊社が取り扱う楽曲の中にも豊富にあります。

今回は、使い所の多いミニマル楽曲をピックアップしてご紹介いたします。

キーワード検索から探す

『Music Search』(検索画面)でフリーワード検索枠に「ミニマル」と入力し、
希望するキーワードにチェックを入れ検索をすると「ミニマル」を含む検索結果一覧が表示されます。

以下のリンクからもミニマルを含む検索結果をご覧いただけます。

「ミニマル」 + 「明るい/楽しい/希望」
「ミニマル」 + 「温かい/のどかな/ノスタルジック」
「ミニマル」 + 「悲しい/憂鬱」
「ミニマル」 + 「恐怖/緊張/シリアス」
「ミニマル」 + 「未来的」
「ミニマル」 + 「神秘的/ミステリアス」
「ミニマル」 + 「アトモスフィアー/浮遊感」
「ミニマル」 + 「ユーモア/慌ただしい」
「ミニマル」 + 「壮大/パノラマ」
「ミニマル」 + 「美しい」
「ミニマル」 + 「ブルージー」


日本語キーワードは随時更新中です。

また、よりミニマル度が際立つUnderscoreやAltヴァージョンも要チェックです。
各ヴァージョンは「楽曲詳細」にてご試聴頂けます。

レーベルから探す

ミニマル楽曲を多く扱うレーベルを紹介します。

Minimalism
『Minimalism』…と、ど直球のレーベル名を冠したミニマル専門レーベル。
さすが専門レーベル、表現豊かな楽曲の多彩さは言わずもがな、「シーン」や「ジャンル」等で分けられたアルバム構成も魅力的です。似通った雰囲気になりがちなミニマル楽曲の選曲の幅をグンと広げる頼もしい存在です。

Merge Music
センスの塊のような楽曲を連発する人気の『Merge Music』も多くのミニマル楽曲をリリースしています。
ドラマ/ドキュメンタリーはもちろん、プロモーション動画にも最適な「いい感じの」楽曲が満載。アルバム・タイトルにもなっている"Less Is More"…求められているものを的確に捉えています。

Evolution Media Music
ここ最近、リリースされる楽曲の多くがミニマル楽曲という英国の『Evolution Media Music』。
極端に静寂、霞みがかったような点描的表現…など、映画やドラマ/ドキュメンタリーに向いた美しく感性豊かなミニマル楽曲はEMMの真骨頂といえます。

CosMind Production Music
ドイツの職人気質なレーベル『CosMind Production Music』もミニマル楽曲に力入ってます。
ここ最近は「ミニマル6連続リリース」という気合の入れようで、IoT系に最適なデジタルものから、パッドを用いた温かみのあるオーガニック〜天国系まで、トレンドに最適化された多彩なラインナップです。

UnderCurrents Music
ドラマ劇伴を中心にリリースする米国の『UnderCurrents Music』も多くのミニマル楽曲を取り揃えています。
明暗に寄らない中間的な表現のミニマル楽曲などの「演出し(過ぎ)ない」楽曲は、ドラマ/ドキュメンタリー向けの楽曲を専門に手がけるレーベルならではと言えます。

一覧に戻る

Information